モップの収納に最適!無印のフローリングモップ用ケースがオシャレ

相変わらず家じゅうシンプル化計画実行中の最近。
先日、LOHACO(ロハコ)で無印を色々注文しました。
その中で、今日はこの「無印良品 掃除用品システム・フローリングモップ用ケース」416円のレビューです。

朝一モップの重要性

私は朝起きたらまずフローリングモップで床を乾拭きします。
というのも、一見キレイに見えても、床にはほこりやチリがあるもの。
この小さな小さなほこりとチリは、一度空気中に舞い上がると、約9時間かけて床に落ちてくるのだとか!
なので、朝一のモップがけがキレイを保つ肝になります。
モップをかけずに布団を上げたり、掃除機をかけるとせっかく床に積もったほこりとチリがまた舞い上がってしまうので、朝食を作る前にモップは朝一番にかけることが習慣になりました。

意外と困るモップの収納場所

私は一般的な、使い捨てのモップ用シートを付けるフローリングモップを使っています。

毎日使うものなので、出し入れが楽なところに置きたいけど、クローゼットに入れるのもあまり気分がよくない。
かといって、ほこりや髪の毛がついたままのモップをそのままリビングに置いておくのは美しくない…
そんな時、LOHACO(ロハコ)で見つけたのが、「無印良品 掃除用品システム・フローリングモップ用ケース」(416円)でした。

市販のフローリングモップはケースに入るのか?

これは無印良品の製品なので、もちろん無印良品のモップがぴったり入るように設計されています。
一応手持ちのフローリングモップのサイズを測って、入りそうだったので購入したのですが、

ん~おしい!もうちょっとなのに!
結果、入りませんでした。
ギュッと押し込めば入るのですが、取り出すときに不便です。
そこで、ちょっと工夫してみました。

端を切ってみた

モップの端をちょっとハサミで切ってみました。

うまく切れずギザギザです^^;
でも入るならこれくらいイイ!
ということで入れてみると…

すっと入りました!やった!
これならストレスなく使えます。
ただ、ひとつ気になることが…

ケースにゴミがたまりにくくする工夫

気になること…それはモップについたゴミ

このままケースに入れてしまうと、当然ながらゴミが中にたまってしまいます。

なるだけキレイに保ちたい!
ケースの中のゴミを防ぐために、どうしようかと思い、
ラップを中に張り付けるべきか、袋をしくべきかとか色々考えたのですが、
このスタイルに落ち着きました。

モップをレジ袋にくるんで入れる!
ちょっとひと手間増えてしまいますが、ケースにたまったごみを掃除する手間を考えるとこの方がずいぶんマシだと感じました。

入れる時も意外とすっと素直に入ってくれます!

入れた後もこんな感じ。ちょっと袋は見えますが、私的にはあまり気になりません。

これをリビングの隅に置いています。シンプルなデザインなので邪魔にならないし、ゴミが見えないもの嬉しい!

まとめ

リビングには必要なものを置いておきたいので、毎日使うフローリングモップも必須!
スタイリッシュなこの「無印良品 掃除用品システム・フローリングモップ用ケース」、気に入っています^^
ケースに入れる手間は増えましたが、見栄えがいいし、やっぱり無印はデザインがいいから使っているとテンションが上がりますね。^^

LOHACO(ロハコ)で無印良品を購入すると、Tポイントもつくし、1900円から送料無料なので便利です。^^

追記:この「無印良品 掃除用品システム・フローリングモップ用ケース」は、現在メーカー販売・製造中止されてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください