マネしたい収納アイデアがいっぱい!本「片付けたくなる部屋づくり」

ふらっと本屋さんに立ち寄り、「暮らし」のジャンルの本を見ていて見つけたのが本多さおりさんの著書。本多さんの本はどれも収納や家事などにおけるアイデアが満載で、読んでいて楽しくなります。
その中でも私が一番初めに手に取った本が片付けたくなる部屋づくりという著書。
今後、私のシンプルライフでバイブルになるであろう本です。

本多さおりさんとは

本多さおりさんとは、整理収納コンサルタントをしている方です。
お客様のお家に整理収納サービスをしに伺うだけでなく、テレビや雑誌でも活躍されています。

HP
http://hondasaori.com/
ブログ
http://chipucafe.exblog.jp/

一番初めに出版された著書がこちら、「片付けたくなる部屋づくり」。

現在ではこの他にも多くの本を出版されています。

実際のお家を紹介しているからわかりやすい!

私がこの本を読んでまず驚いたのが、本多さんご夫婦が住んでいたお家。
現在のブログを拝見しますと、お子さんも生まれ、もう引っ越されたようですが、この本では実際に住んでいらっしゃった築43年2Kのお部屋での整理収納を紹介されています。
それぞれ6畳ほどの畳ばりの寝室と居間が2部屋や、慎ましいキッチンスペース。
本当に昔ながらの団地にありそうな間取りです。(←失礼!?)

でも、それを感じさせないほどとってもオシャレなのがすごい!

木のぬくもりがある家具に、洗練されたモノや雑貨たち。
本多さんのセンスがうかがえます。

「ラク」に重点を置いた整理術

しかも、本多さんの整理収納術は、ただキレイに整理収納するのではありません。
本のタイトルである片付けたくなる部屋づくりの名の通り、ラクに片付けられるしくみを提案されています。

必要なのは、ズボラな自分でも続く、出し入れのラクな収納の仕組みをつくること。

服をたたむのが苦手ならたたまなくて良い収納方法など、その人それぞれに合った収納が大切なのだと学びました。
「たたまないと散らかっているように見えちゃう!」と思っていたので、この本を読んで気持ちが楽になりました。

マネしやすい収納アイデアが満載

本の中で紹介されている収納アイテムは、無印良品やニトリ、100円均一のものなど、簡単に手に入りやすいものが多く、マネしやすいです。

また、あんなところやこんなところにも突っ張り棒を使われていたりします。
でも、どれも理にかなった収納になっているので、「なるほど!」と納得の連続。

「自分のお家にはこれを実践しよう!」「これをここに置いてみよう!」と、読んでいて楽しい妄想が広がります。

全体の感想

もう何度も読み返しています。
本の中で紹介されているお部屋のセンスはとても参考になります。
単にキレイに収納するのではなく、生活にあった、生活のにおいを感じる収納が素敵です。

また、エッセイとして読んでも面白いです。
本多さんが持っている哲学や美学は参考になります。
整理収納だけでなく、本多さんのライフスタイルも垣間見ることができ、「こんな女性になりたい!」と思った一冊でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*