集計用ノートを作ってわかった意外と安い我が家の支出

楽しく、貯まる「づんの家計簿」 書きたくなるお金ノートを読み、づんさん式家計簿を初めて1か月先日の記事にも書きましたが、数字を可視化するという家計簿の大切さを知りました。そこで欲が出てきます。「もっと詳しい生活費の割合を知りたい!」という欲。
そこで、づんさんの本の中でおすすめしているユナイテッドビーズのノートを購入し、さらに家計簿を追求してみました。

集計用ノートをつくりました

「づんの家計簿」の集計をしやすくするために、づんさんが実際に使用しているという「集計用ノート」

私は彼と二人で生活する上で一緒に管理しているお金(食費と日用品)だけを記入しています。
左に野菜、くだもの、肉・魚などの項目を書き、いつどこで何を買ったかということがわかるノートです。

使用しているノートですが、づんさんはA5スリム ファンクションノート PROJECT MANAGER(プロジェクトマネージャー) NOTを使用されていますが、

私が探した時スリムタイプが売り切れだったので、スリムより幅広サイズのA5 ファンクションノート プロジェクトマネージャー NOTE-A5F-18を使っています。

意外と安かった出費に驚き!

私と彼がお金を出し合って食費と日用品を5万円以内で管理しています。
でも実際に、この5万円の割合ってどんなものなんだろう?と、づんの家計簿をつけているうちに気になりました。そこで、こんな風に項目を作りました。

①野菜 ②果物 ③豆腐・納豆・もずく ④肉・魚 ⑤たまご ⑥パン ⑦シリアル ⑧チーズ・ハム・ベーコン ⑨豆乳・牛乳 ⑩飲料 ⑪調味料・乾物 ⑫スイーツ ⑬米 ⑭アイス⑮外食 ⑯麺 ⑰食費他 ⑱お酒 ⑲日用品

初めてだったので、消せるフリクションのペンで書いています。項目を足したり外したりしてると順番もごちゃごちゃになってますが、とりあえずこの19項目で1月は行いました。

その結果、食費と日用品の合計27,537円。そのうち食費24,193円でした。
やけに安い…!これはどこか見落としているのでは…

考えてみると、日用品はネットで買うこともあるのですが、今回そのネット購入品については計上していませんでした(ネットで買うと、それぞれのお財布のお金から支払うことになるため)。
家計簿を見直してみると、やはり11,393円の日用品と飲料のネット購入がありました。
しかし、これを足してみても

合計27,537円+11,393円=38,930円

改めて計算しなおした結果、食費と日用品が合わせて1か月38,930円

私たち2人暮らしの家計は、案外お安く済んでいました。

まとめ

ネットで購入したものが盲点だったので、2月からの集計ノートは、ネットで購入したものも記載していきたいと思います。
食品と日用品で合わせて38,930円という結果でしたが、もっとお財布からお金が出て行っていたような…自分用と家計用のお財布を分けていないせいかな?
お財布2個持ちを検討したいと思います。

づんの家計簿の本はこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください