捨てたらもったいない!栄養豊富なお茶の出がらし佃煮の簡単作り方

台湾旅行に行ってからお茶が好きになり、よくお茶を飲んでいます。
その中でも緑茶は一番飲んでいる種類のお茶です。

今まで飲むたびに出がらしを捨てていたのですが、出がらしにも体に嬉しい栄養があると聞いてから、調理して食べるようになりました。

緑茶と出がらしの栄養

緑茶には種類にもよると思いますが、
カテキンビタミンCビタミンE、ミネラルなど栄養が豊富です。

特にカテキンという成分は、抗酸化作用脂肪燃焼効果コレステロールの吸収を抑えてくれる効果など、体に嬉しい効果があります。

カテキンは水溶性なのでお茶を入れる時に溶け出しますが、一部のカテキンやミネラル、ビタミンE、食物繊維などは不溶性なのだそうです。

よって、緑茶を飲むだけでなく、出がらしを食べることでお茶っぱ自身にある栄養を摂取できるということを本で読みました。

そのことを知ってから、時間がある時は出がらしも調理して食べるようにしています。

私はもっぱら佃煮にして食べています。ご飯にのせるとおいしいんです。^^

出がらしで佃煮レシピ

材料

軽く水分を絞った出がらし 20g
だし汁*         20g(水20gに味の素小さじ1/4)
醤油*        大さじ1/2
みりん*       大さじ1/2
砂糖*         小さじ1
七味           適量

作り方

①*をすべて鍋に入れ、中火~弱火で水分がなくなるまで煮詰めます。

②水分がなくなったら、七味を適量入れます。

補足:塩昆布をまぜてもおいしいです。

見た目は高菜のようですが、佃煮です。
ほんのり緑茶の苦みがしておいしいです。^^

ご飯によく合い、よくのせて食べています。

苦みと言ってもみりんと砂糖が入っているので、ほんのり苦い程度でほとんどの苦みは消えています。なので、苦いのが苦手な人も食べられると思います。

ちなみに、砂糖はきび砂糖を使用して、こちらからもミネラル摂取!きび砂糖はスーパーでも販売されています。

タッパーにストックして、好きなだけご飯にのせて食べています。

市販の佃煮もおいしいですが、どのくらいの料のお砂糖が使われているとか、
添加物が入っているものもあるので、自分で作ると安心です。

しかも、栄養も豊富

お茶の出がらしを捨ててはもったいない!

体にも、お口にも、お財布にも、優しい出がらし佃煮、ぜひ作ってみて下さいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.