ハンドクリームだけでシール跡をはがす!そのやり方

昨日の記事で、シール跡のはがし方を書きました。
消しゴムとハンドクリームを使ったはがし方を解説しましたが、プラスチックについたシール跡はハンドクリームだけでもとれるという情報があり、実際に試してみました。

フレッシュロックのシール跡をはがす!

片栗粉を入れたフレッシュロックにつけていたシールをはがすと跡が残ってしまったので、
今回はこれで試したいと思います!

※私はズボラ―なので片栗粉が入ったままの状態でしてしまいましたが、念のため中に何も入っていない状態ですることをおすすめします。

ハンドクリームは、今回も前回と同じく愛用中のアトリックス ハンドミルク(200mL)を使用しました。

シール跡のはがし方

はがし方は、ティッシュにハンドクリームを出して、あとはぬりぬりするだけ。

ハンドクリームの油分でシール跡をはがそうということです。

ぬりぬり…意外とシール跡に馴染むのに時間がかかりました。

といってもまぁ3~5分くらいです。

テレビを見ながらぬりぬり塗り込んでいくと…

とれました!本当にハンドクリームだけでとれた!

でも、油分が残って曇っています。

なので、パストリーゼをひと拭きして拭き取りました。

すると、ピカピカに!

きれいにシールの跡をはがすことができました。^^

やり方おさらい

①シール跡にハンドクリームをなじませる
②ハンドクリームの油分を拭き取る

今回私が使ったハンドクリームは、比較的さらっとしたタイプです。油分が多めだと、結果や過程が少し違ってくるかもしれません。

また、ハンドクリームでできた曇りを拭き取る際に私はパストリーゼを使用しましたが、ぬるま湯で流したり、食器用洗剤で洗い流しても良いかもしれませんね。

まとめ

ぬりぬりとハンドクリームを塗り込む作業がちょっと長く感じましたが、

消しゴムでしたときのような消し跡もなく、優しく落とせたのが良かったです。

また、意外とハンドクリームって消費に困るもの。

なので、ハンドクリームを使い切りたい人にもいいかもしれませんね。^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください