レックのキッチンスクレーパーで水と洗剤を節約!

本多さおりさんの書籍「片付けたくなる部屋づくり」で紹介されていて気になっていた
レックのキッチン スクレーパー を購入しました。

キッチンスクレーパーとは?

お皿やフライパン、鍋などについた食べ残しや汚れをぬぐい取るヘラ(スパチュラ)です。

汚れを取ることで洗剤や水の使い過ぎを抑えることができます。

また私は、汚れ以外にも、お菓子作りなどでボールについたホットケーキミックスのたねなどをきれいにぬぐい取るのにも使用しています。

スポンサーリンク

使いやすく設計されたデザイン

これが、購入したレックのキッチン スクレーパーです。

私はアマゾンで購入したのですが、評価も高く、214円(購入当時)ととってもお得でした!

真っ白でシンプルな形で素敵。でも、シンプルだけじゃない!とても工夫されているんです。

ヘラの部分の尖った部分は角や器の隅に使えます。
もう一方の丸みがある部分は深いお皿やフライパンの丸みにフィットしてとても使いやすいです。

取っ手が付いていて収納にも便利です。

さらに、耐熱温度は120℃

弾力があるのでフッ素樹脂加工の鍋もキズを付けずにぬぐい取れます。

実際にこんな場面に使っています

そんな頻繁に使うかな?と思っていたのですが、

結構出番があります。

とろみがある料理の跡のフライパンもこれでサッとぬぐえばほぼとれて、後のお手入れが楽になります。

また、お菓子作りの時にも大活躍!

この写真は先日蒸しパンを作った時の写真ですが、

混ぜる時もこのスクレーパーを使用しています。

もちろん残った液体をとるのにもこのスクレーパーを使用!

ボールは丸みがあるのでちょっと取り除きにくかったですが、

ここまでこそぎとってくれました!

収納も渇きも◎

取っ手が付いているので、どこにでも引っ掛けられるのが楽ちんです。

使った後は洗って、こうして水切りカゴに引っ掛けて乾かしています。

あえて言うと…

このお値段でここまで働いてくれているので私は満足していますが、

あえてマイナスポイントを上げるとしたら、色が沈着して黄ばんでしまうところ。

でもちゃーんと、裏の説明にも色素がついてしまうということは記載してあるので、これを理解した上で使って下ださいねということだと思います。

ココ↓

無印良品など他社のものでは黒色など色素沈着が目立ちにくいものも出ていますので、

色写りが気になる方はそういった方の商品を選ばれる方がいいかもしれません。
無印良品 シリコーンスクレーパー

まとめ

・安い
・使いやすい

この2つの条件さえあればスクレーパーは言うことなしです。

レックのスクレーパーは、取っ手が付いているところがお気に入り。

乾きも早く、引っ掛けて収納できるので使いたい時にとって使うことができます。

スクレーパーなんて使ったことがなかったけど、使ってみるともう手放せません。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ