iHerbのカカオパウダー消費に!100均の型でローチョコ作り

iHerb(アイハーブ)で購入したカカオパウダーで、体に良いおやつ、「ローチョコレート」を作ってみました。

大量のカカオパウダーを消費するのにもおすすめですよ。

ローチョコレートとは…

ローチョコレートの「ロー」とは「ローフード」のことで、「非加熱食材」を意味します。

つまり、ローチョコは熱を加えていないチョコレートのこと。

高温だと減少してしまうカカオの栄養素もあるそうです。

その点でこのiHerb(アイハーブ)のカカオパウダーは商品ページに

コールドプレスされ、栄養素を保護するために低温で粉挽きされています。

と記載されているので安心。

また、ローチョコレートを作るにあたっては湯銭で温める程度で火やオーブンなどは使用しません。

スポンサーリンク

材料を3つ混ぜるだけの簡単調理

材料は3つ。

左から
・カカオパウダー
Navitas Organics, オーガニック, カカオパウダー, チョコレートパウダー, 16オンス(454 g)

・エクストラバージン ココナッツオイル
Jarrow Formulas, オーガニック、エキストラバージンココナッツオイル、16 oz (473 g)

・生はちみつ
Y.S. Eco Bee Farms, Y.S.エコビーファーム, 100%認証オーガニック生蜂蜜、2.0ポンド(907 g)

すべてiHarb(アイハーブ)で購入しました。
関連記事です:初めてのiHerb(アイハーブ)!到着の早さと大きさに驚き

この材料をすべてまぜて固めるだけ!

レシピはクックパッドなどで調べると多くのレシピが出てきますよ。
(このブログは一部アフィリエイトを利用しているブログなので、参考にしたレシピのリンクは念のため控えたいと思います。)

簡単な作り方は、ざっとこんな感じ⇓

ココナッツオイルと生はちみつを湯銭で溶かし、

カカオパウダーを加えて混ぜます。

それを型に流しいれ、冷蔵庫に固めて完成!

冷蔵庫から取り出すと、ぼこぼことした形になっていて心配でしたが、型から取り出すとある程度キレイに成型されました!初めてにしては上出来。

冬場だと溶けにくいですが、常温だと溶けてしまうことがあるらしいので、基本的に保存は冷蔵庫です。

ダイソーの耐熱ガラス容器に入れて保存しています。^^

関連記事:ダイソーの耐熱ガラス食器はコスパ◎!おすすめです

ちなみにこの型もダイソーです。おしゃれでしょ。

レンジやオーブンもOKで、シリコン製なのでチョコを取り出すときもくっつかず簡単に取れました。^^

使い終わった型はひっくり返して乾かすと乾きが早いですよ。

濃厚でリッチな味

肝心のお味ですが、とても濃厚です。

言われなかったら高級チョコレートと言われてもわからないくらい。

口どけも良く、舌の上で転がせば滑らかに溶け、噛めばホロホロと食感よく味わえます。

ココナッツオイルが入っていますが、ほとんどココナッツの風味はせず、味はチョコレートそのもの。

濃厚なので2~3粒で満足しますよ。

ドライフルーツやナッツを入れてもおいしそう!

お得にお買い物できます

iHerb(アイハーブ)で初めてお買い物をされる方は、

注文の際、コード入力スペースに

「RHG0450」と入力すると$5の割引きになります。

よろしければご利用ください。^^

iHerb(アイハーブ)ホームページ
iHerb(アイハーブ)日替わり&ウィークリーセール

まとめ

体に良い上に、なによりおいしい手作りローチョコ。

手軽にココナッツオイルも摂取でき、腹持ちも良い美容おやつですね。

ココアパウダーやココナッツオイルの消費にもおすすめです。

これから切らさず作ってストックしていきたいと思います!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ