ちょっとの工夫で家事の効率UP!キッチン収納を見直しました。

以前、キッチンのコンロ下収納をご紹介しました。

コンロの上付近にも吊るし収納をしているのですが、

このコンロ下収納と吊るし収納を新たに見直しました。

ちょっとずつ、使いやすく、暮らしやすくなってきています。^^

コンロ下収納の見直し

ビフォー

以前のコンロ下収納はこんな感じ。

関連記事:フライパン収納はやっぱり100均のファイルボックスがぴったり!

100円均一のファイルボックス大小を駆使し、フライパンを縦収納したり、

タッパー類を収納していました。

アフター

ほとんど変わっていませんが、フライパンを一本化し、タッパーの収納場所を変更しました。

タッパーは数が増えたので、耐熱ガラスタッパーとプラスチックのタッパーを引き出し2つに分けて収納しています。

下の写真はダイソーの耐熱ガラスタッパー。重ねて収納できるから便利です。
関連記事:ダイソーの耐熱ガラス食器はコスパ◎!おすすめです

以前タッパーが入っていた場所は、シリコンスチーマーやチョコのシリコン型、落し蓋、おろし器など、外に出すほどではない2軍のメンバーが入っています。

また、こちらも2軍のメンバーたち。

ヨーグルトメーカーは週に1回は使うので、その用具は取りやすいように端に収納

隣にはめん棒やフライ返しなどをメイソンジャーの瓶に立てて収納しました

以前までは吊るして収納していたものをこちらに移動させました。

 

比べてみるとこんな感じ。

こげつきがひどかったフライパンを捨て、一本化したことにより、

収納場所が増えてすっきりしました。

吊るし収納の見直し

ビフォー

コンロ下収納を見直したとともに、コンロ近くにある吊るし収納も見直しました。

こちらは以前の吊るし収納。

これでもすっきりしているのですが、

よく見ると一つのS字フックに2つのアイテムが掛けてあったり、

アイテム同士が重なって取り辛いのが悩みでした。

アフター

現在はこのようによく使うものだけを吊るし、数を減らしました!

また、まな板も吊るす収納に変えて水切りかごに居座らないようにしました。

吊るすことで乾きも◎!

 

コンロ下収納の写真にもありましたが、おろし器、フライ返し、網杓子(救う部分が網になったおたま)は頻繁には使わないので2軍に降格

コンロ下収納で立てて収納しています。再度になりますが写真を載せておきます。

そして、ちょっと工夫したのが、この何もかかっていないS字フック。

何に使うかと言うと、

吊るして収納している以外のモノを、吊るして一時的に乾かすために設置しました。

例えばコンロ下に収納しているフライ返しやおろし器、別の場所に収納しているカッティングボードなどを一時的にここに吊るして乾かします。

完全に乾いたら、いつもの収納場所へ戻します。

 

こうすることで目に見える場所の収納はごちゃつきませんし、

水切りかごがいっぱいになることを防げ、吊るすことで乾きもアップ!

 

S字フックを一つ多めに引っかけておくだけで、家事の効率がちょっと上がりました^^

まとめ

こうやって自分の行動を見直すことって大切ですね。

ちょっとずつのマイナーチェンジが、家事の効率をアップさせます。

これからも自分のふとした行動や気持ちに向き合い、

シンプルライフを楽しんでいこうと思います。^^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください