意外と使える!iHerbで購入した無糖ピーナッツバターの使い道

iHerb(アイハーブ)で購入した無糖のピーナツバター

朝にパンはあまり食べないので減らない!…と思っていましたが、意外と使える子でした。

iHerb(アイハーブ)の無糖ピーナツバター

Fifty 50, 低血糖ピーナッツバター, クランチー, 18 オンス(510 g)

こちらが購入した無糖のピーナツバター

私が購入した時は505円でした。

100%ピーナツから作られており、砂糖は含まれていません。

なので、そのまま食べると甘くないのですが、不思議とピーナッツのコクから自然な甘さが感じられておいしいです。

無糖なので料理にもおすすめです。

また、甘さを感じたい時は少量のはちみつや砂糖を混ぜると良いですよ。

蓋を開けてスプーンですくって見ると、ねっとりとした重厚なテクスチャーを感じられます。

ピーナッツがゴロゴロ入っているので食感も楽しい!

 

しかし意外と多い量!しかもパン派ではないのに買ってしまったために消費するのに意外と大変!

でも、試行錯誤しておいしく順調に消費していっています。^^

実際に私がしているこのピーナッツバターの使い道をご紹介したいと思います。

定番!お菓子作りに

まずは定番のお菓子作りに使っています!意外と簡単に使えますよ。

パンケーキに

グルテンフリーを実践しているので、小麦が使われたパンケーキミックスなどではなく、

米粉でパンケーキを作ることがあります。

時間があるお休みなどの朝に焼いて、

このピーナッツバターを無糖のままつけるか、少しはちみつを混ぜてつけて食べています。

カップケーキにまぜる

クックパッドのレシピを参考に、無糖のピーナッツバターで作れるカップケーキを作っています。

油分があるのでしっとりと焼きあがります^^

サラダ油などの体にあまりよくない油分ではないので罪悪感もあまりありません。

ちなみにこれも米粉で作っています!

作ったものは冷凍して保存し、朝ごはんにしたりしています。

他にも

他にもクッキーやパウンドケーキなど、ピーナッツバターはお菓子にぴったりの素材。

ただ、クッキーは油分が多いので注意!

私は以前レシピの分量通りに作りましたが、油が多くてべちゃべちゃになり、失敗しました^^;

おかずにもぴったり!

無糖だからできること…それはおかずにできるということ!

ほうれん草のピーナッツバター和え

こちらもクックパッドを参考に作りました。

ゆでたほうれん草に無糖ピーナッツバターと醤油。粉末のだし、砂糖であえたものです。

胡麻和えに近い味ですが、胡麻和えよりコクがあり濃厚!

食べたことのなかった味でおいしいんです。

ゴロゴロと入っているピーナッツも食感のアクセントになって◎!

まとめ

ピーナッツバターというと今まではパンに塗るくらいしか思いつきませんでしたが、

消費しようと色々レシピを探してみるとたくさんあり、逆に料理の幅が広がりました。

このiHerb(アイハーブ)のピーナッツバターは無糖でしかもピーナッツ100%というのがすごいですね。

甘いピーナッツバターが食べたい時は自分で甘さを調節できるのも嬉しいです。

無糖のものを購入したことがない人にもおすすめですよ。

お得にお買い物できます

iHerb(アイハーブ)で初めてお買い物をされる方は、

注文の際、コード入力スペースに

「RHG0450」と入力すると$5の割引きになります。

よろしければご利用ください。^^

iHerb(アイハーブ)ホームページ
iHerb(アイハーブ)日替わり&ウィークリーセール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*