まさにシンプルライフのお手本!「フランス人は10着しか服を持たない」

今更ですが、「フランス人は10着しか服を持たない」という本を読みました。

そのタイトルから以前話題になり、注目を集めた本。

読んでみるとまさに「シンプルライフ」な本でした。

シンプルライフを勉強し、クローゼット収納が気になり始めた最近。

やっと「フランス人は10着しか服を持たない」という本を手に取りました。

まさにシンプルライフのお手本

読んでみると、まさに「シンプルライフ」を語るような内容で、とても参考になりました。

フランス人は10着しか服を持たない」という本のタイトルから、ワードローブ関連中心の内容かな?と思っていたのですが、まったくそれだけはありませんでした。

簡単に言うと、

「シンプルな暮らしをすることで『暮らしの質』を高めるための参考書」といった感じ。

ワードローブのことだけでなく、食事のことや考え方まで著者のジェニファーさんがパリ留学で学んだシンプルライフ哲学が詰まっています。

シンプルライフを実行している、実行したいと思っている人には一度は読んでほしい本です。

まずはやっぱりワードローブから

10着ってどういうこと?と思っていたのですが、

コートやアンダーシャツなどを含まないワードローブで構成される、

春夏用10着、秋冬用10着ということだったんですね。

詳しくは本を読んで頂きたいのですが、

わかりやすく詳しく書かれているので思わず「やってみたい!」と思わせてくれます。

私もまずはこのワードローブの整理から実行したいと思っています。

そしてまた後日記事にしたいと思います。

 

たとえ人に会う予定がなくても、自分自身が気分よく過ごせるように、きれいでいるのは素敵なこと。

本から一部引用させて頂きました。心に残っている言葉の一つです。

私自身お家でお仕事をするようになってから、服装はだらしないものになっていました。

気を付けようとは思っているものの、朝服を選ぶときはラフすぎるスウェットなどを選びがちです。

でもやっぱり気持ちは、毎日着るものだから、好きなものやお気に入りを身に着けて気分よく過ごしたい。たとえ一人でいる時間が長くても。

やっぱりラフすぎる服を着ていると、気持ちもだらけます。

毎日をもっと大切にするために、お家にいる時の服もラフでおしゃれなものに変えていきたいですね。

毎日の暮らしを大切に

著者のホストファミリーの暮らしぶりから、毎日を本当に大切にしているということがわかります。

無駄なものは省いて、本当に必要な大切な「こと」「モノ」だけに囲まれて過ごすからこそ、見つけやすくなる小さな幸せたち。

その幸せを毎日見つけることができるから、「暮らしの質」を高めることができるのだと感じました。

まさにその暮らしぶりはシンプルライフ!

見習いたいものばかりです。

本書は、衝動買いや暴飲暴食をしなくても、毎日の目の前にあるものを大切にして幸せになる方法をさまざまな観点からアドバイスしてくれます。

 

まとめ

やっと読むことができ、嬉しいです。

まず、ワードローブを整理することから始めたいと思います。

本書に書かれていることは、難しいことはなく、考え方を変えるだけで実行できるものがたくさんあります。

私もパリのマダム・シックを見習い、毎日を大切に過ごしたいと改めて思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください