iHerb(アイハーブ)で購入した「カカオバター」失敗談

以前、iHerb(アイハーブ)で「カカオパウダー」を購入するはずが、

「カカオバター」を間違えて注文してしまいました。。。

その「カカオバター」を使ってみましたが、やっぱり私には合わないみたいです。

スポンサーリンク

iHerb(アイハーブ)のカカオバター

こちらがiHerb(アイハーブ)で購入した「カカオ『バター』」

Navitas Organics, オーガニック・カカオバター、8オンス(224 g)

「カカオ『パウダー』」と並べてみると、うり二つ!

大きさが違いますが、パソコンを見て、画面ごしに注文するので見落としていました…。

「バター」だったとは!!

開けてみると、固めのバターが砕かれて入っています。

真っ白なのに芳醇なカカオの香りがしておいしそう!でも、このままで食べるものではないので、試しにお菓子作りに使ってみることにしました。

ローチョコレート失敗談

まず、試したのはいつも作っているローチョコレート。

関連記事:iHerbのカカオパウダー消費に!100均の型でローチョコ作り

上の写真は、いつも通りのカカオパウダーと蜂蜜とココナッツオイルで作っているもの。

でも、今回はこのココナッツオイルの部分をカカオバターにして作ってみました。

大きいカカオバターを溶けやすいように包丁で小さく刻みます。

そして、蜂蜜とカカオバターを湯銭で溶かし、家にまだ余っているカカオパウダーを入れて冷蔵庫で固めました。作り方はいつも通り!

しかし…

溶けたと思っていたカカオバターが溶けずに残っており、それに気づかず型に流し込むと、このようにバターだけ白く固まっていました。(´;ω;`)

やはりこのカカオバターは固めなので湯銭で溶けにくい。カカオバターの良い成分がなくなってしまうかもしれませんが、レンジで溶かして作るべきでした。

少しかじってみると、あまり味もしない…。油っこい。

食べれるものではなかったので、これをまた溶かして米粉などと混ぜ、ブラウニーを作ってみたのですが、それも失敗に終わりました。

まとめ

ローチョコレートづくりにはやはり溶けやすいココナッツオイルを使うのが楽です。

でも、このカカオバターはiHerb(アイハーブ)内で評価が高く、

お菓子作りに欠かせないといったレビューもあったので、使う人によってはとても良い商品だと思います。

ただ、私には合わなかった!
また、もっとお菓子作りが上手だったらまた別の話ですが。^^;

でも、良い勉強になりました。今後は気を付けよう…!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ