お風呂の床を前面ラップパック!簡単に汚れを落とす掃除法

うちのお風呂場の床は水はけが良く、乾きやすい床になっています。

だた、水はけが良い分、タイル状の隙間に石けんカスが溜まりやすいのが悩みです。

溜まって固まると水やお湯で流すだけでは頑固で落ちません!

また、ピンク汚れが発生している箇所もΣ( ̄ロ ̄lll)

しかし、お風呂場の床に無数にある溝をいちいちこそいでいる暇はありません!

ということで、インスタやネットでよく見かけるラップパック掃除法を試してみました!

お風呂用洗剤 床パックのやり方

準備

用意するものはバスマジックリンなどのお風呂用洗剤大きめのラップです。

コストコの大きいラップとかだともっとやりやすいと思います。

頑固な黒カビだとカビキラーなどの塩素系漂白剤が良いと思いますが、黒カビは発生していなかったので今回はバスマジックリン(中性洗剤)で対応します。

①バスマジックリンを気になる部分に吹き付ける

床全体を軽く濡らし、バスマジックリンを吹き付けます。結構多めに、全体にいきわたるようにするのがポイント。

②ラップを密着させる

バスマジックリンがタイルの溝にくまなくいきわたるようにラップで密着させましょう。

ピンク汚れが発生しやすいお風呂の端のパッキン部分もお忘れなく!

③4時間ほど放置し、洗い流す

4時間ほど放置した後、ラップを剥がしてシャワーで洗い流します。

すると、汚れがふやけて落ち、ピカピカに!

ワントーン明るくなった気がします!

困ったピンク汚れも流すだけで落ちていました。

流しても落ちない汚れには

汚れ自体はふやけているので、竹串でなでると面白いように汚れが落ちます。

き、汚い…。(*_*)

上手にラップパックするコツ

①の段階で「失敗した~!」と思ったのが、バスマジックリンを一気に前面に吹き付けてしまったこと。

「吹き付けて→ラップする、吹き付けて→ラップする」

というくり返しを奥からすると上手にできます。手前からすると扉があるのでやりにくいです。

ご参考になれば幸いです。^^

まとめ

ずっと気になっていた床の溝の汚れ。

意外と簡単に落とすことができました。^^

乾きやすく設計された床で、水は渇いても汚れまでは落としてくれないもの。

こまめに掃除をしていても、汚れは蓄積されているのだと痛感しました。

家にあるもので放置するだけの掃除法。簡単なのでまた挑戦したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.