お風呂の鏡に貼る「くもり止めフィルム(ダイソー)」効果はいかに?

以前、「SmaSTATION!(スマステーション)」100均特集を見て、伸びる靴ひもを買ったという記事を書きましたが、
関連記事➡100均「伸び~る靴ひも」に変え、靴の着脱が格段にラクになった件

またもう一つスマステで紹介されていた100均アイテムを購入しました!

それは「くもり止めフィルム」なるもの。

これをお風呂の鏡に貼るだけで、フィルム部分だけ曇らないらしいのですが、実際のところどうなんでしょうか?

ダイソー「くもり止めフィルム」

こちらが「お風呂場の鏡くもらない! くもり止めフィルム」108円

ダイソーの商品です。^^

一緒にスマステを見ていた夫が興味を持って購入し、帰って早々張り付けていたので開封後の写真になってしまいました。^^;

このフィルムを貼ると、貼った部分だけ曇らないという優れものです。

サイズはちょうど手鏡くらいの大きさ。曇り止め効果は約6か月とのこと。

貼り付け方

①鏡のホコリや油分などの汚れを洗い流します。
②透明シートをはがします。
③粘着面と鏡の両方を濡らします。
④空気が入らないように上方向から下へフィルムを張ります。
⑤ヘラなどで気泡や水をフィルムの外に押し出します。
⑥乾燥させた後、緑色の保護シートをはがします。

手順が多いように感じますが、要は上手にフィルム部分を貼ってはがせばいいみたい!

なんとか貼り付けは成功しましたが、どうしても気泡が抜けませんでした。

矢印の部分、わかるでしょうか?

ヘラが家にないので、指やくしの辺で気泡を抜いたからかな…。きちんと気泡を抜きたいなら、やはり素直にヘラのような平たんなものを使用することをおすすめします。^^;

でも、この写真でもわかる通り、貼った部分の境目が分かりません。貼っているのが目立たないというのはとても良い点ですね。

効果は?

肝心の効果ですが、うーーん。

思っていたより少し違いました。

なぜなら、やっぱりちょっと曇る^^;

フィルムを貼っているほかの部分に比べると曇りにくいですが、顔がすこしぼやけるくらい曇ります。気泡も若干入っているので、少し顔もゆがんで見えます。

 

ただ、一回シャワーで流せば表面の曇りがとれるので、まず鏡をシャワーで流すとお風呂に入っている間は曇りにくくなりました。^^

まとめ

私たちの貼り方がダメだったのかもしれないですが、貼りにくさやサイズ感も含めて100均クオリティなのかなという感じ。

楽天では液体状の曇り止めや大きめサイズの曇り止めフィルムもありました。

他のくもり止めフィルムはこちら(楽天市場)

ちゃんとストレスなくお風呂タイムを楽しみたい方はちょっとお値段がしても良いものを購入した方がいいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.