ペーパーナプキンと額でファブリックパネルもどき!簡単な作り方

ファブリックパネルというものをご存知でしょうか?

ファブリックパネルとは、絵画よりもカジュアルに飾ることのできるインテリアです。

自分で生地を買ってきてパネルに取り付けて作ることも出来ます。

しかし、作るとなると予算や専用の器具が必要になります。また、できたものを購入しようとすると高価になってしまいます。

そこで、安価で楽しめるファブリックパネルもどきを提案いたします!

ペーパーナプキンと額でつくる

額とペーパーナプキンさえあれば、ファブリックパネルのような可愛いインテリアが完成します。^^

ペーパーナプキンは安いですし、可愛い柄も多いです。

額も安いものならば100円均一で販売されています。

ペーパーナプキンを使ってパネルにデコパージュを施すという手もありますが、額なら入れるだけでOKなので手間いらずです。

作り方

用意するものは額とお好きな柄のペーパーナプキン。

私は可愛いマリメッコ柄のペーパーナプキンを楽天で購入しました。

140種類の中から好きな柄が5種類選べました。^^可愛いのばかりでかなり迷った!

額はちょうど色紙が入るサイズの額です。私はネットで購入しましたが、100円均一にも大きめの額が販売されていますよ。^^

色紙額を楽天市場で探す

 

作り方は、額に合わせてペーパーナプキンを見せたい場所に設置し、端を折って入れるだけ!

たったこれだけなんですが、これを部屋に置くととっても可愛くなります。

部屋の印象が明るく

この絵を飾るだけで部屋が明るく、ガラッと変わりました。

絵の種類によって印象も変わります。

私がチョイスした柄で見ていきましょう。

①ウニッコ Unikko/白×黄×橙

王道のウニッコ柄!インテリアとマッチするように、落ち着いたネイビーを選択。

これが正解でした!大柄のウニッコと小さい葉っぱのワイヤープランツの対比が可愛い。

②ヴィヒキルース/黄×灰

こちらもよく見るヴィヒキルースというお花柄。

バックがグレーなのであまり主張せずとも黄色がいいアクセントになっています。

③ルミマルヤ Lumimaruya/白×桃

パッと明るいピンクが印象的なルミマルヤ柄。ファブリックパネルでも人気の高い柄ですが、このペーパーナプキンを発見!

額に入れてみると結構な迫力!春に飾りたい。

④プケッティ Puketti /薄緑

こちらもマリメッコで人気の柄、プケッティ。

色んな色がありましたが、黄緑にしました。優しいパステルカラーが可愛いですね。^^

⑤カイク Kaiku/緑×青

最後は、白樺の樹が描かれたカイクという柄。

フィンランドの木と言えば白樺です。白と青のコントラストが涼し気なので、夏の今はこの柄を飾っています。^^

 

いかがでしたか?

このように、柄が違うだけでお部屋の印象も変わってくるので面白いですね。

1か月ごとに変えたり、季節ごとに入れ替えても楽しそう。

ペーパーナプキンゆえの欠点も

紙ゆえに、近くで見ると折り目が目立ってしまいます。

遠くで見るぶんにはまったく気になりませんが、気になる方は折り目をできるだけ伸ばしてから額に入れた方が良いかもしれません。

ペーパーナプキンの保存方法

額に入れていない分のペーパーナプキンは、折った状態でカチッと開くタイプのファイルに入れて保存しています。

これだとふわっと重なるのでペーパーナプキンにしわが付きにくいし、すぐ取り出せるので便利です。

100均でも手に入るので探してみて下さいね。

ペーパーナプキンの種類を見る(楽天市場)

まとめ

手に入る素材で簡単にできて、入れ替えも楽しめるファブリックパネルもどき。

額がないファブリックパネルみたいにスタイリッシュにはならないかもしれないけれど、気軽にお部屋をイメチェンできます。

ぜひ、試してみて下さいね。参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください