布団生活20年以上!すのこに布団を敷いて寝るメリット・デメリット

私たち夫婦は寝室が別なのですが、2人ともベッドではなく布団で寝ています。

今のお家に越してきてから、ベッド派だった夫も私の勧めで「すのこに布団を敷いて寝る」という形に変更しました。

スポンサーリンク

「すのこ」という選択

布団の下に敷いている「すのこ」はこちら。

すのこ→マットレス→敷布団
の順に敷いて寝ています。

すのこのメリット・デメリット

私はベッドよりすのこで寝ている期間の方が人生で長いです。笑

ということで、実際に使ってみて感じるメリット・デメリットについてお話ししたいと思います。^^

メリット

・干しやすい

すのこを立てかければ簡単に湿気を逃すことができます。
マットレスも軽くて丈夫なものを使っているので、日中はこうして立てていることが多いです。

楽天ではこんな商品も。⇓

簡単に立てることができ、すのこの山の上に布団を置いて干すこともできる優れもの!これいいなぁ。

・スペースをとらない

ベッドはどーんと部屋に居座っているイメージですが、すのこは省スペースです。
折りたたみできるものも多いので、必要ない時や来客時などは畳んでクローゼットに置いておけます。

・掃除がしやすい

持ち運んで移動ができるので、すのこの下もキレイに掃除機がけすることができます。

・フローリングでも寝られる

すのこを敷くことにより、フローリングでもローベッドのような感覚で寝ることができます。

デメリット

・下に収納スペースがない

ベッドだと下の空間に収納できるスペースがありますが、すのこにはありません。

・カビが生えることもある

すのこのメリットとして「カビが生えにくい」ということがあると思います。

しかし、私の経験上、すのこにもカビは生えます!

特に冬は、要注意。空気は冷たいのに布団の中は暖かいので、その温度差によって床と布団の間に湿気がたまり、起きたら床に水蒸気がついていることがありました。
あまり喚起をせず敷きっぱなしにしていたら、その水分によってすのこにカビが発生したことがあります。

そのカビ対策として実践しているのが除湿シートを敷くということ。


これを敷くことと、こまめな換気により、カビの発生を抑えることができました。

ちなみに、この除湿シートは日光で干すと効果が復活する便利なシートです。^^

私が持っているものとは違いますが、こんな感じ⇓

まとめ

ベッド生活もしたことがありますが、すのこに布団で寝る感覚とはあまり変わりがありません。

しいていうなら、目線が高いか低いか。笑

それくらい、寝心地については問題ありません。(すのこや布団の種類にもよるかもしれないけれど)

しかし、すのこはベッドよりも湿気はたまりにくいですが、カビが生えることもあるので、こまめな換気と除湿シートなどの防カビ対策が重要です。

それも面倒だなぁという方は、「すのこベッド」という手もありかも。

ただのすのこではなく、ベッドになっているので、布団と床の間に空間が広くあり湿気が逃げやすく収納スペースも確保できます。

一般的なベッドと同じ大きさなので、省スペースではありませんが、上記のメリットはもちろん、デメリットも総合的にカバーしています。^^

次広いところに引っ越すなら、これもアリかもなぁ…!

すのこを見てみる(楽天市場)

すのこベッドを見てみる(楽天市場)

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ