コスメ&ヘア用品収納を公開。ズボラ―なりの理にかなった収納

メイクボックス

こまごまとしたコスメやヘア用品。

より取りやすく使いやすいようにするため、整理をしました。^^

収納はリビングに

部屋の一角にあるこのスペース。

画像の向かって左側にある取っ手付きのノルディックバスケットがコスメ&ヘア用品ボックスです。

楽々ポイント
・リビングで座り、テレビを見ながらゆっくり支度ができる
・取っ手がついているのでラクラク持ってこれる
リビングにコスメ!?と思われるかもしれませんが、ズボラ―な私はここが一番しっくりきます。笑
でもでも、理にかなった場所だと思っています。
以前は洗面所の鏡で立ったままメイクやヘアセットをしていました。
でも、立ったままだとしんどいし、冬は寒いので、メイクとヘアセットがおろそかになってしまっていたんです。
でも、リビングなら座ってぬくぬくゆっくりと支度が丁寧にできるようになりました。
さらに、かわいいノルディックバスケットに入れることでテンションもアップ↑
大きな取っ手がついて持ち運びも楽に。
メイクやヘアセットは、どちらかとうと面倒くさいと思っているタイプなので、最終的にこのような収納にたどり着きました。^^

 

中はダイソーの積み重ねボックスを使用

バスケットの中はこんな感じになっています。

メイクボックス

大きめの鏡にコスメ、ワックス、ヘアアクセ、めん棒なんかも入っています。

仕切りはダイソー
・「積み重ねボックス 小・深型」(写真左)
・「積み重ねボックス 小・仕切り付」(写真右)

を使っています。

ダイソー積み重ねボックス

その名の通り積み重ねられるので、色んなところに応用して使えます。

また、シンプルなデザインで人気のシリーズです。

メイクボックス

私の使い方としては、「積み重ねボックス 小・仕切り付」ヘアアクセやブラシ、めん棒を入れています。

そして、「積み重ねボックス 小・深型」コスメを。

空いたスペースにはボディクリームやヘアワックスを置いたりしていますよ。

マスカラやファンデーションブラシなどの長いものは、ジャムの瓶に立てて入れています。

ちなみに、バスケットを汚したくないので、下にキッチンペーパーをひいています。

まとめ

面倒くさいことは、やりやすくすることが鉄則!

日々生活していてそう学びました。

リビングにメイク用品を置いてもいいじゃない。

取りやすく動かしやすい、そして欲を言えばかわいいものを選ぶ!

 

これからも家を徐々に改善していきたいと思います。^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください