お金は、知らない人が損をするようにできている

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

そろそろ将来のことを考えて、資産運用を考えるようになりました。

でも、何がどうなっているのか初心者にとってはさっぱりわかりません。

そこで、Amazonでも評価の高かったこの本を手に取りました。

初心者向けだけど、内容は濃い!

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!
難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

とってもストレートなタイトル。

しかも、中は投資の専門家と初心者の会話形式で書かれているのでかなり読みやすいです。

投資とは何か、どこの投資信託がおすすめかなど、具体例も書かれており、初心者にはぴったりな一冊。

でも、内容はとっても濃くて読みごたえがあり、気づけばどんどん読み進めていました。

資産運用について無知な人読むべき本

私自身、資産運用は手をつけたことがないし、金融関係はさっぱりわかりません。

でも、何もわからないまま銀行や証券会社に行かなくてよかったとこの本を読んで感じています。

というのも、わからないからこそ、それを利用して高い保険などに加入させられることがあるそう。

売り手と買い手の心理や、大人の裏事情も書かれています。

 

ちなみに、金融専門家の山元さんいわく「保険は加入しなくていい」とのこと。

どの保険に入ろうか迷っていたところなので、これは目からウロコでした。

知っているのと知らないのとは大違いです。

お金って実はシンプル

この本を読んで、「資産運用って意外とシンプル!」だと感じたんです。

お金のことだし、複雑に絡み合って難しい事柄だと勝手に思い込んでいました。

でも、そうじゃありません。

「売り手側が複雑にしている」だけだったんです。

売り手はあくまで商売人。

自分の業績や給料のため、働かなくてはなりません。

だから、お金の問題をあえて難しくして、わからなくしたり不安をあおらせたりしているんだそう。

以前テレビで経済アナリストの方が「お金は知らない人が損をするようにできている」とおっしゃっていたのを思い出しました。

本当にその通りです。

自分の身に起こることなので、よく自分で調べて知った上で行動していきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.