アートな本で癒される!違う世界へトリップできる本5冊

アート本

ふと、買ってしまう本があります。

それは、アート要素が入った本。

ただ読むだけではない、感覚で感じる本です。

写真集や絵本、ガイドブックなど、私が大切にしている本を5冊ご紹介します。

①BROOCH(ブローチ)

broech

古本も取り扱う雑貨屋さんで買った絵本。

中は薄いトレーシングペーパーに美しい絵が描かれています。

broech 中

まるで頭の中の回想をそのまま絵本にしたような、儚さのある描写。

アート性が高く、心にもしみいる作品です。

②パンといっぴき 2

パンといっぴき2

料理研究家の桑原奈津子さんが、愛犬愛猫たちとの朝食風景を撮り続け、まとめた本。

パンといっぴき2 帯

犬と猫の素朴な表情と、おいしそうな朝食にほっこりします。

巻末には、写真に登場する朝食のレシピもついていますよ。

③和菓子 WAGASHI

日本文化に焦点を当て、日本語と英語の兼用ガイドブックシリーズの第2弾。

こちらは、和菓子にフォーカスしてまとめたものです。

シンプルながらアーティステックで、辞書のような本。

1時間もしないで読めてしまいますが、お店のチョイスがとてもツウなので、実際に行きたくなります。

④中川清美のアクセサリーノート

中川清美のアクセサリーノート

雑誌「装苑」などでイラストレーター、アクセサリー作家として活躍する中川清美さんの、コスチュームアクセサリーをまとめた本。

以前、私もハンドメイド作家をしていたので、「樹脂でこんなことまでできるんだ!」と、アイデアをものすごく刺激されました。

写真集のようにまとめられており、見ているだけでもワクワクします。

⑤東京旅行 四号 神保町・御茶ノ水・神田

東京観光

学生時代、本屋さんで隅の方で出会いました。

喫茶店や甘味処、古本屋など、シブめに東京観光本。

イラストレーターさんとショップオーナーさんの創作ユニットが作られた本です。

中は読みやすく、あたたかみがあってレトロ感も満載。

東京観光中身

情報がコアなので、好きな人はハマると思います。

この本を片手に一人旅した思い出が懐かしい…

2009年出版のモノなので古いですが、ずっと手元に置いておきたい本。

まとめ

雰囲気を楽しむ本たちは、パラパラとめくるだけで

すぐに私をどこかへ連れて行ってくれます。

紙媒体の魅力は、絵(画)が動かないこと。

制約があることで、想像力がより羽ばたいていくのです。

映画にもゲームにもない、切り取った芸術。感じてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください